ほよよん日和

yukky4251.exblog.jp
ブログトップ

下痢流行ってます~。

最近、特に乳児クラスの下痢・発熱が流行っています~(^-^;)。。

少し前にはアデノウイルスも何人か・・。

もしや腸管アデノウイルス感染症・・・??

でもプール熱と腸管アデノは型が違うのかしら・・??

調べてみると・・・・

Ⅰ. 咽頭炎・滲出性扁桃炎 ( 1 ・ 2 ・ 3 ・ 4 ・ 5 ・ 7 型)
   急に発熱し、のどの痛みや頭痛を訴えます。 39 ℃以上の高熱が数日、時に
  1週間続きます。咳はひどくありません。咽頭・扁桃は発赤し、咽頭後壁にはリン
  パ濾胞の腫大、扁桃表面には白色の滲出物がしばしば認められます。
Ⅱ.咽頭結膜熱 (主に 3 型、他に 4 ・ 7 ・ 11 型)
   例年 6 月頃から増加し、 7 ~ 8 月に流行のピークがあります。発熱・のどの
  痛み、結膜炎が主症状です。 熱は、1日の間に 39 ℃~ 40 ℃の高熱と、 37 ~
  38 ℃前後の微熱の間を、上がったり下がったり が 3 ~ 5 日ほど続きます 。 そ
  の間、頭痛、腹痛や下痢を伴うこともあります。しばしば、耳介前部および頸部
  のリンパ節が腫れます。夏季に幼稚園や学校のプールの水を介して感染するこ
  とも多いことから、俗に“ プール熱 ”とも呼ばれています。
Ⅲ .急性濾胞性結膜炎 ( 1 ・ 2 ・ 3 ・ 4 ・ 6 ・ 7 型)
   眼の痛み、羞明、涙目、目やにを訴え、他覚的には濾胞性結膜炎があり、片
 眼あるいは両眼にみられます。
Ⅳ.流行性角結膜炎 ( 8 ・ 19 ・ 37 型) 極めて感染力が強い
   結膜だけでなく角膜(黒目)の著明な炎症 、 頭痛、リンパ節炎、鼻水、咽頭炎
  、下痢、 眼の痛み、異物感、羞明、涙目、目やにを訴え、他覚的には濾胞性結
  膜炎があり、片眼あるいは両眼にみられます。結膜炎経過後に「点状表層角膜
  炎」を作ることが多いです。幼小児では「偽膜性結膜炎」になることがあります。
Ⅴ.急性胃腸炎 ( 31 ・ 40 ・ 41 型)
   乳幼児期に多く、腹痛、嘔吐、下痢を伴います。発熱の程度は軽いです。腸管
  のリンパ濾胞が腫脹し、先進部となって腸重積を発症することがあります。
Ⅵ.出血性膀胱炎 ( 11 型)
   突然の肉眼的血尿ではじまり、排尿時不快感や頻尿の症状が出現します。こ
  れらの膀胱炎症状は 2 ~ 3 日で良くなり、尿検査での潜血も 2 週間以内に改
  善します。
Ⅶ.肺炎 ( 3 ・ 7 ・ 21 型)
   だらだらと長引く発熱、咳、呼吸障害など重症になることがあり、時に致命的
  なこともあります。重症化を防ぐ目的でステロイドの内服やパルス療法、γグロ
  ブリン療法が試みられています



ふむふむ・・・。なるほど。
今回の下痢や発熱がアデノかどうかは検査してないので分かりませんが、季節を問わず発症するアデノは要注意。

手洗い・うがいは感染症予防のためにも大切ですね!

先週は手洗いの仕方について園児たちに教えたので、今週は手洗いチェッカーを保健福祉センターからレンタルして実践していく予定です(^-^)☆
みんな本当に素直なので、手洗い講義のあとは、しっかりと手洗いしてくれていました。
これで少しでもこども達の健康が保たれるといいな~~♪
by yukky4251 | 2012-07-19 12:30 | 保育園看護師の仕事。

生活や食事  ほよよんと暮らす私の生活日記


by ゆっきぃ