ほよよん日和

yukky4251.exblog.jp
ブログトップ

アルツハイマー型認知症の父と介護する母①

私の父は現在78歳、アルツハイマー型認知症です。
母が主介護者69歳。老老介護といってもいいのかな。

山形県の過疎地のため、認知症に特化した医師もおらず、長年何かおかしいとは言いつつも、やっと長谷川式認知症の検査をしたときには13点でした。(20点が正常とのギリギリの境界線かな。)

そんなに進んでからアリセプトを服用し始めたところで、もちろん効果があるはずもなく認知症は進む一方。
今はトイレにも一人では行けなくなりました。

足腰は弱っているので徘徊するようなことはないんですけどね。

心配なのは母。かなりまいっています。

年金暮らしなので、(自営業なので国民年金だし)収入も少なくお金にも困っていたようです。
心配かけまいと私には言えなかったようですが、最近やっと話してくれました。

少し前の台風のような春の嵐。あの時に今は住んでいない方の家の屋根が半分飛んでしまって大変だったそう。
屋根が飛んで、間にある破片がそこらじゅうに飛んで、家の中はめちゃめちゃで。
今はブルーシートで覆ってあるようですが、修理するお金がなくて、年金暮らしには銀行も相手にしてくれないらしく、本当に困って電話してきました。
修理するお金を貸してくれと。
まだ見積もりを出してもらってないから分からないけど、5~60万くらいだと。
もちろんそれは出すから心配しなくていいと答えました。(返すと聞かないのでそれは聞き流してますが)

それからしばらく話していると、なんだか理解しにくい話なんですが、(母も年相応の理解力の低下があるので)他にも借金があったと。
セゾンとか・・・・と言っているので、キャッシングローンなんでしょう。
数か所から借りているらしく、150万円ほどあるようです。
頑張って返しているから減っている。と言い張ってますがどの程度信用していいものやら。
高齢者でも入れる保険に入った・・と、年金暮らしなのに月18000円ほども保険料を払っているのも気になりマス。
あの、高齢者でも入れる保険って落とし穴があっぱいあったような・・。

父は今パンツタイプのおむつなんですが、ちょっと濡れただけですぐに交換してしまうのでおむつ代が半端じゃないよう。大人用のおむつってすごく高いんですよね~。
以前はオムツ支給もあったらしいんですが、高齢者が多くなり、完全な寝たきり以外には支給されなくなったようです。
まだ完全に認知が進んでいるわけではないので、介護者的には多分一番大変な時期。

でも、おむつ代って控除されるみたいですね。医師の「オムツ使用書」が必要みたいですけど。
母は知っているのかな?

認知症の父に大腸ポリープの手術をさせるだの、白内障の手術をさせるだの、なんだか話が飛んで電話じゃよく分からない。
しかも大腸ポリープのオペ日は決まっていて、聞くと日曜日。日曜日にオペするの??
そんなのあるか??多分内視鏡でとるんだろうけど。


とりあえず私も家族もあるし、実家は遠くてなかなか帰れないんですケドね。
少しダーリンの休みが取れたら帰りたいとは思っています。
屋根の修理にキャッシング・・全部は無理ですが半分くらいは減らしてあげなきゃと思っています。
ダーリンに相談しなきゃな~。
兄がいるんですが、兄も借金があり自分で精いっぱい。同居なんですが、家にお金も入れられないようで。
あまり頼りにはならないし。
なんでこんなにキャッシングが膨らんでしまったかもよく分からない。
聞いてはみたけど、医療費が・・・とか。大きな病気もしてないのに医療費だけで100万円以上の借金っていうのもなぁ~。他から借りて、返して・・・を繰り返していたみたいなんで利息も膨らんじゃったのかなぁ。
私が近くに住んでいればいいんですけどね~。
ちょっと安く切り詰められそうなところもありそうな感じなので、なんとか整えてきたいところです。

生活保護・・・も考えたけど、家は2軒持っているので難しそうですよね。
車持ってる兄が同居しているし。


これは意地でも、就職試験受からなくちゃ。

自分の家族のことばかり考えてはいられなさそう。

う~~ん。頑張りマス。
by yukky4251 | 2012-04-16 20:45 | 認知症の父

生活や食事  ほよよんと暮らす私の生活日記


by ゆっきぃ