ほよよん日和

yukky4251.exblog.jp
ブログトップ

カメラ教室(初心者の中の初心者向け)② シャッタースピード&フォーカスモード

前回の続きです。

<シャッタースピードについて>
・60分の1が手ぶれしないギリギリのスピード。
 シャッタースピードは速いほど手ぶれしません。スポーツ選手を撮る時などは500分の1ぐらいだそう。

・分母が遅いほど、シャッタースピードは遅くなります。
 花火などは三脚があれば遅い方がキレイに撮れるみたいです。(むしろシャッター開きっぱなしで撮ったりします)


<フォーカスについて>
F 5.6などと表します。
Fは絞りの穴の大きさ。数字が小さいほど穴は大きくなり、数字が大きいほど穴は小さくなります。

F 2.8など穴が大きくなると、光がたくさん入り明るい写真に。ただし、ピントを合わせたもの以外はぼやけるので背景がぼやけた写真に。

F 8など穴が小さくなるとより遠くのものまでピントが合うようになりますが、光が入らないので暗めの写真に。


<フォーカスモードについて>
AFS→真ん中にピントを合わせる。
AFC→一度ピントを合わせると常にそれを追いかけるので、ペットなど動くものの撮影に向いている。
MF→ 自分で回してピントを合わせる。

今は、オートフォーカスの性能がとても良いので、マニュアルフォーカスは花や料理など静物を撮る時ぐらいしか使わなくても良いとのこと。

背景が白だと、オートフォーカスがどこに焦点を合わせて良いか迷ってしまう。そんな時。
花を撮影するときに、めしべにピントを合わせたいのに、花びらにカメラが合わせてしまう。


そんなカメラが迷って追いつかないときにMFを使うと良いみたいです。


シャッタースピードなどはコンパクトデジタルにもあるみたいですね~。
全然知らなかった・・・(^-^;)。。説明書まともに読んだことなかったかも。。

ここで最後に先生が持ってきたサンプルの写真を撮って終わりになりました。

今日の私の撮影はコレ。
f0087842_21181762.jpg


これが講習終了後にどれだけ変わるのか楽しみです^^
by yukky4251 | 2012-03-27 12:30 | カメラ・趣味

生活や食事  ほよよんと暮らす私の生活日記


by ゆっきぃ